学校では教えない成功のマインドセット

あなたが成功するためのマインドについて解説します

癒し手の気づき

癒すという言葉の定義ですが、ここではお医者様の治療行為を指しているのではありません。

所謂精神的な癒しを主に、広い意味で現在使われている 「癒す」という言葉について雑感を。

他人が癒される現場に立ち会えて客観的にその事実を 目撃できる事はなかなかありませんが、自らが 「ああ、癒されたなぁ」と感じることによりその 「癒し」という事実が存在することはどなたにとっても 理解可能でしょう。

では、人は何によって癒されるのか?

☆1例えば自然界の美しい動植物等の存在であったり 情景を見たとき。又はそれらとの一体感を感じたとき。

☆2他者との触れあいにおいて他者が能動的に働きかけを為して当人に対してなんらかのアプローチを行い、 当人がそれを認識したとき。

大きくその関わり方を自然物との間に発生するものと 人的関係において発生するものに分けてみたのですが、 両者に共通するのはどちらも癒し手の意思もしくは力量 という事よりも、癒され側の認識が癒しの発生の時期を 特定するには重要ではないかと考えます。

意思もしくは力量という言葉が不適切かもしれませんが どなたかもっと良い表現があればご教示下さい。

なにしろ、自然界の動植物は、あるがままに存在し 生きているだけですから、「人間に見てもらって癒えて 貰おう・・・」(笑) なんて思っているとは到底思えないですし、

一方見るほうの人間は、野の白百合は明日はかまどに 投げ込まれるかもしれぬ運命なのに、ソロモン王の衣 よりも美しく咲き誇っているなぁ等と、詩にも 歌うのです。

これをそのまま後者の人対人の場合に当てはめて、 何か具体的事例がないかと思っておりましたら、 思い当たったことがありましたので、例として、 揚げてみます。

新約聖書の記述の中に、 イエズスが群集の中をお歩きになっていたときに、 誰かが衣に触れ、ご自分の力が出て行った気が されたので、

「私の衣に触ったのは誰か?」仰ると、 当時は穢れている病とされて蔑まれていた女性が 震えながら進み出てひれ伏し触れた理由と たちまち癒された次第を皆の前で話しました。

イエズスは「娘よ、あなたの『信仰』が あなたを救った。

安心して行きなさい。」と仰るくだりがありました。

この娘は、信じて「きっとこの方の衣に触れば 私は癒される」 と深く心に思い、実行したので癒されたのだと イエズスが語るとおり、受け手が固く信じて その癒し手の心を受け入れることで 瞬間的に意識の共有と非常に濃い共感現象が 起こり、両者の間に深い絆が生まれ、癒しが 行なわれたものだと解釈します。 癒しが起こる場面において重要なのは ヒーラー(癒す側)もさることながら 癒される側の意識の問題と思うのはその 所以です。

が、癒す側が何も切磋琢磨せず のんべんだらりと惰眠を貪っていて よいはずはありません。 与えられたその日の日課をこなし 自己の修練の為に学習を続け、 又、確固たる信念と目標を持って生きて 行くべきであろうかと考えます。 そうして、無理なく自然体であるがままの姿で 大宇宙の存在と繋がるとき、そこに本当の意味 での大きな癒しが発動するのではないかと考えます。

小さな人間的な枠で「資格」云々と悩む必要は ないのでは?と思うのです。神はありのままの 我々を受け入れてくださり愛してくださって いるのだからです。 小さく弱いものが一番恵みをいただき愛されている のです。

か弱いものと繋がり、あるべき方向性へ導いて助けよう となさる方にはその恵みが豊かに還流するのが、 神仏の愛と慈悲のシステムです。

弱きを虐げる方にはその反対の力学が、 と思います。

私自身も日々肩の力をぬいて精進して行きたいと 思っております。

どうぞ、今後ともご指導ご鞭撻を宜しくお願いします。

たどたどしい雑文に最期までお付き合いくださり ありがとうございました。

神に感謝 主に賛美。 平和と愛のうちに天の世界も地の世界も一つに なれますように。

人気ブログランキングへ